SHOP

衛生管理ではTATTOO事業開業に必要な滅菌用オートクレーブを配置
器具などは使い捨てのディスポーザーブル用品を使用。

STUFF ARTIST

 

彫雲 horikumo


幼い頃から絵が好きで時間さえあればよく描いていた。
学生時代はスケボー文化に熱中してアメリカントラディショナルやピンストライプなどのデザインに出会い大きな影響を受ける。
その後彫師になりたいと思い横浜に在ったオリエンタルタトゥーに入門、5年間の修行を終え独立し現在に至る。
 
 トラディショナルやオールドスクールスタイルのデザインを中心に、国内外問わず独特の絵を求めている人達がスタジオに集まって来てくれている。
 

「おそらく一般受けはしないであろう僕のスタイルですがどこか古くも不思議な風合いをもたせて絵を描いています。

それは流行りに流されず飽きがこないと言う事をテーマに移り変わりが激しい現代の中で,服やアクセサリーとは違う、着替える事が出来ない<TATTOO>という物のデザインをお客さんと共に考えて,先人達の遺した感性を大事にし、
今の時代に少しでもそれを復刻出来たら良いなと思っています。